~ヘルプ嬢に...
~F「要らん事を言っとらんでいいでチェックしろ」
~慌て駆け寄る致命傷だぜぇベイビー嬢



F「拙者の我が儘ですからここは拙者が!」

大きな財布を出して万札を数枚!

F氏の手際の良さに一瞬時間が止まる教祖様と阿古!

教「(・・;)」

阿「(・・;)」

教「こっ!この手際の良さは...」

阿「かなりの女を泣かしてますね」

教「まちがいないな♪」


教祖様と阿古は軽い腰を恰かも重そうに
上げよとしたそのトタン板!

F氏の前に立ち塞がる致命傷だぜぇベイビー嬢!


お店に入る前に状況を確認
ショートするなら別のお店に逝く
絶対に大丈夫だとイカウとお店側は言った
拙者をショートさせるならまだ我慢出来るが
教祖様をショートさせた罪は重い
二度と来る事はないから!

黙って聞いてた致命傷だぜぇベイビー嬢は


そっと唇をさしだす...

その唇に優しくキッスをするF氏

阿「なんでやねん!」


お店の中で立ってチッスをする二人
致命傷だぜぇベイビー嬢のお客さんの真後ろで!

致命傷だぜぇベイビー嬢は
なかなかの度胸の持ち主なのか?
状況を度外視して自分のやりたい事をしてしまう嬢なのか?

そのお客さんの真後ろでっせ!
もし見られたらもう来くなるかもしれないのに...

この日の状況でF氏も来なくなってしまったら
同時に二人のお客さんを逃してしまうリスク!


阿「かなりの女を泣かしてますね」

教「まちがいないな♪」


二人のチッスを見届け出口へと向かいます


たったかたったかエロβへと向かうF氏を
小走りで追いかける致命傷だぜぇベイビー嬢♪ルン

教祖様はババエを背中に乗せ武空術でエロβへ...(爆

阿古はこの店の店長?オーナー?と会話をしてからエロβへ


最終結論がF氏から発表されます



ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャン!



発表します!


高い壇上へとF氏は向かいます
一礼して鳴り止まぬ拍手を左手で制止


F「もうこのお店に次は無いね(プ」

夏の夜空に誓いを立てたF氏...


断腸の思いだと...

教祖様と阿古の目にはうっすらと光るものが...



そして4軒目

苺ちゃん店へと向かうのであった


道中の誘惑に耳を傾けながらも
猪突猛進真っ直ぐに苺ちゃん店に着


苺ちゃん店の扉オーペン(ザワザワ

なかなか混んでますがショートの恐れはなさそうです


入って直ぐの山を越え谷を越えた席へと案内され
右からF氏 阿古 教祖様と
「君だけに」を口ずさみながら...
後方開脚回転後に上から落ちてくる
リボンをキャッチしてフィニッシュ着席♪


本日の〆となるこのお店で4度目の乾杯♪


教祖様には
ちょっぴりアテですが歌の上手いババエが密着

F氏には
もちろん今をトキメクメロンちゃん
先程迄怒り心頭だったF氏の顔が...(自粛
( ̄ー ̄)ニヤリッ

阿古は...
苺ちゃんは久しぶりに会う教祖様に
手を合わせ祈願成就を...(爆


それぞれが...

それぞれの世界へと...

歌ったり抱きしめたり殴られたり

それぞれが楽しみ...

充実した時間を過ごしたと...


阿古が勝手に決めつけます(爆



そしてお時間となりチェックです


お店を出てビル前にてお別れの挨拶


F氏は翌朝っていうか4時間以内に会社に逝かなければならない

阿古は門限を軽く過ぎてます(プ

教祖様は翌日 郊外での用事を済ませてから
スワンボートで名古屋港を出発(爆



教祖様...
遠方のところ遥々お越し頂き
池田公園を満喫して頂いたでしょうか?


教祖様と
笠間行脚の回数を重ねる度に楽しさも増してきます

次回は更に楽しくなると期待に股間が膨らみます


是非 また宜しくお願い致しますm(_H_)m


お疲れ様でした教祖様♪ルン
お疲れ様でしたF氏♪ルン



【浣】



(^-^)ノ




ネパールカレーを食べるの忘れたね(爆



スポンサーサイト
 
てんてこ舞いですた!


納期に追われる仕事はストレスなる(プ


ちょっとしたアクシデントで...

ちょっとしたアクシデントがありましたが

持ち前の圧倒的人格で乗りきりました
( ̄ー ̄)ニヤリッ



さてと...



ブログを書く振りでもするか(プ



んじゃ(^-^)ノ




どんなに内容の無い記事を書いても
「(^-^)ノ」←この笑顔で乗りきる阿古は



やっぱり...



爽やかさん♪ルン



 
~ここは一丁...出前一丁(プ
~ご奉仕ヒプイン奮闘記と参りますかな?



仕返しを望んでいる事を確信です


なかなかの巨乳です♪ルン

でも巨乳に正比例して体型も...


残り20%のノーブラの確信を頂く為に

阿「ちょっとだけチェックしたい♪」

ダ「1回だけね(^-^)」


たわわな巨乳を掌で包み込み
鷲掴みして差し上げました♪ルン

1回触って仕舞えば...もう慣れっこです
( ̄ー ̄)ニヤリッ


阿「浴衣の上からで良いから...」

ダ「何よ...」

阿「1回だけ乳首の場所を探して良いね」

ダ「えっ(・・;)...1回だけだよ」


バストトップ辺りを軽く摩擦をかけながら
優しく触り二本指を移動させると
若干の突起物を発見トレジャーハンター(プ

間髪入れず...
二本指を交互に動かし高速回転弄り♪ルン
体をくねらせ逃げる事に必死な
ダイナマイトなバディでも良いんじゃない嬢


あまりしつこく追いかけてもいけませんので
次のステップへと頭を切り替えます

でも間隔を開けてはいけません(プ


川の流れの様...自然に次へ
( ̄ー ̄)ニヤリッ


次のステップ...
谷間で阿古の人差し指を挟んでもらう

これは挟んでもらう事が目的ではなく
人差し指一本っていうのがミソである

人差し指一本を挟ませておいて
小指で乳首を探し当てるトレジャーハンター(プ


伏線の会話から...

阿「イカウは乳首が大きいよね?」

ダ「そのことない! 小さいよ!」

阿「またぁ~( ̄ー ̄)ニヤリッ」

ダ「ホントだよ!」

阿「んじゃ...(^¬^)」
※とりあえず触りに逝きます


ダ「それはダメぇ~!恥ずかしい!」

阿「わかったよ しないよ(^-^)」
※直ぐに諦める


ここで聞き分けが良い事には訳がある

Pナの「恥ずかしい」は限りなくOKって事である♪
それには条件がありまして
やや強引に事を進めなくてはならない♪
( ̄ー ̄)ニヤリッ


阿「んじゃ谷間に阿古の指を挟んで...」
※無理な課題からの移行

ダ「良いよ(^-^)」


無理な課題は素直に諦め
3歩手前の優しい課題へ
受け入れてくれる確率85%(プ


そして...
簡単に乳首ゲッツ(プ
主張した通りホントに乳首は小さかった♪ルン


達成感に酔しれ...

次のステップへのイメージを...


フト我に返ると...

F氏にはヘルプ嬢が座っている
致命傷だぜぇベイビー嬢はいつの間にか
違うお客の席に逝っていた


教祖様...
なななんとババエが着いてない!


店内を見渡すと満員御礼である!


放置プレイが大嫌いなF氏

F「教祖様の元からババエが居なくなってから早5分弱!」

我慢の限界を突破した訳でなく
教祖様への気遣い心がF氏のブレーキを外してしまった

F氏は自分に着いたヘルプ嬢にチェックを願う
ヘルプ嬢は戸惑い致命傷だぜぇベイビー嬢に声を掛ける

F「要らん事を言っとらんでいいでチェックしろ」

慌て駆け寄る致命傷だぜぇベイビー嬢



さて...


どうなったでしょうか



筒"く(プ




(^-^)ノ



 
いやいや...(プ


今回の...



「天空から教祖様降臨」

引っ張るねぇ~



ネタが無いから引っ張ってる訳じゃないんだよん♪ルン


ネタがありすぎて...( ̄ー ̄)ニヤリッ



これでも書いてないっていうか

書けないネタもありますして

まともに書いてたら...



第28章迄は確実に難なくクリアする♪




そんな訳で...



引っ張ってる言い訳でした



(^-^)ノ



 
~阿古は...
~どうしたでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ



男ヒプイン野望編!とでもしときますか

それとも...

男ヒプイン純情一直線が良いかな♪ルン



教祖様は...
ノーパンのチェックに忙しく阿古達の相手をしてくれない(爆


F氏は...
静かな会話の合間に時折...
口づけを交わし二人の世界...
阿古の事など相手にしてくれません(爆


だから...
「天空から教祖様降臨7」は阿古を中心に
( ̄ー ̄)ニヤリッ



阿古に着いたババエ...とりあえず名前は

ダイナマイトなバディでも良いんじゃない嬢にします(プ


エロ剥き出しのババエではなかったのですが
ノーパンだよって台詞で
阿古のマングースを繁殖期にさせ

更に...


更にもう一言だめ押しを...

ダ「ブラジャーもしてないよ♪ルン」

阿「何それ...触れって意味?」
( ̄¬ ̄)ジュル

ダ「違うよ(*^o^*)」


ここまで言われて...
両手を軽く握り両膝の上なんて失礼な事は出来ない!
※男のエッチケット


酔いも助け...
目標は乳首を見る事に設定します

阿「見せると触る...どっちが恥ずかしくない?」

ダ「えぇ~今(・・;)?」

阿「聞いてるだけ♪( ̄ー ̄)ニヤリッ」

ダ「見せるは恥ずかしいよ...触るかな(*^-^*)」

阿「んじゃ...触るだけでいい♪ルン」

ダ「ダメだよ!触るはアコだけ♪ルン」

って言いながら...
阿古の大切な乳首から宝物のテテまで
乳首は生で摘まれテテは指で弾かれ
アンフェアなババエのテクニックに
阿古のマングースは夜空に向かい遠吠えを...


ウオォォォォォォッ~


先ず阿古の仕事は
ノーブラだと言う証拠を掴まなくてはならない
真実は1つだから証明するまで帰れません(プ

だが焦りは禁物♪ルン


ダイナマイトなバディでも良いんじゃない嬢を引き寄せ
密着しながらの他愛ない会話を

少々の冗談で笑わせ...
更なる密着度を自然に相手に気づかれぬよう
※二人の距離は縮まったよ大作戦(プ


密着度が高まれば...
ノーブラかノーブラじゃないかは
阿古の...この右肘が教えてくれます
( ̄ー ̄)ニヤリッ

見た目でも...
胸を中心に集め谷間を作るのはブラジャーの役目
少々ながらも胸は左右に別れ谷間は若干でしたので
※浴衣で上手く中心に寄ってましたが!


ノーブラの信憑性は見た目で40%の確信
そして阿古の右肘が確信に+40%

あと20%はどうする?


( ̄ー ̄)ニヤリッ



手のひらか...


だが焦りは禁物♪( ̄¬ ̄)フフフッ


順調に逝ってるのに
ここで焦って物事がパーになる事が多々あります

だが...
ここからが勝負です( ̄ー ̄)ニヤリッ



阿古は

「女性の体を10倍楽しむ方法」
著者 キングコブラ総帥

この本で勉強しましたので自信があります(爆



他愛ない会話をしているのに
ダイナマイトなバディでも良いんじゃない嬢は
これでもかぁ~ってくらい
阿古の乳首を転がしてきます!

仕返しを望んでいる事を確信です

そろそろ...

「逆襲のシャア」とか「帝国の逆襲」など数あれど


ここは一丁...出前一丁(プ


ご奉仕ヒプイン奮闘記と参りますかな?



さてと...


書くスペースがなくなってきたので



筒"く



( ̄ー ̄)ノ




浴衣には


袖口から手を入れる


醍醐味がある



(^-^)ノ



 
~なかなか混み合っていますが
~お時間スタートの鐘の音が心の中で響きます



2軒目の急嬢のお店で騒ぎ過ぎたのか
三人はへとへとに疲れてしまったのか

なかなか波に乗れない時間が続きます
※時間にして2分(プ


このお店の流れに乗れず
三人に着いたババエの流れにも乗れず
淡々とした時間を3分も過ごしてしまった


この淡々とした時間の流れを変えてくれたのは...


F氏の元に愛人希望の...
致命傷だぜぇベイビー嬢が現れた

致命傷だぜぇベイビー嬢が現れたお陰で
この席の雰囲気がごろっと変わってしまった

無邪気にハシャグ訳でもなく
落ち着いた感じでF氏の横に着席
教祖様と阿古に気遣いを見せてから
場を盛り上げようなんて雰囲気はないのですが!

何故だか...
致命傷だぜぇベイビー嬢が来たトタン板!
いきなり席が盛り上がってしまったのである♪


教祖様は...
着いたババエと会話が始まり
触ったり 嗅いだり 舐めたり
エロス教祖様の敏腕が...
ババエの悲鳴を生み出す...

って言うのは嘘で(プ

ババエを掌に乗せフリーセクス教団へと勧誘(爆


F氏は...
致命傷だぜぇベイビー嬢と普通に過ごしてましたが
その普通って言うのがあまりにも自然すぎますので

ひょっとしたら前回来た時...
本当はこっそりアフターをして
一戦交えてるのではないかと
思わせるほど自然な振舞いの二人
( ̄ー ̄)ニヤリッ


阿古は...
着いたババエの性で嫌々エロ路線!
心外だぁ~( ̄▽ ̄;)

偶々ババエの着ている浴衣の色と
阿古が着ているTシャツのエロが...Ay!色が
どうしようもないくらい一緒でしたので
ナイスカップルになってしまった(プ

突然ババエが...
阿古の心の奥深くに締まってある
禁断の実に刺激を能える様な囁き(プ


バ「浴衣だからノーパンだよ♪ルン」

阿「阿古は見る見るしないと信じないタイプだよ♪ルン」

バ「いいよ触って...触るだけゆ」

阿「しょっしょうがねぇなぁ~」
( ̄¬ ̄)


ババエに言われるままに...
ババエに言われるままに...
ババエに言われるままに...


嫌々嬉しそうに触ってみました
えっマジ(・・;)!

お尻というお尻を全部触ってみましたが!
パンチィの線が全くありま千利休

阿「えぇ~本当にノーパンなの?」


そしたらそしたら...
教祖様に着いたババエまでもが
アコもノーパンだよって嬉し事を♪

それを聞き逃さなかった教祖様の口元から...

涎が....Ay!聖水が(爆


阿「そちらはそちらにお任せしまつ♪ルン」
( ̄¬ ̄)ジュル

教「ブラジャー(^¬^ゞ」
( ̄¬ ̄)ジュル


この後の教祖様を見てませんので
教祖様が何をしていたかは自粛です
( ̄ー ̄)ニヤリッ



阿古は...



どうしたでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ



筒"く



(プ



(^-^)ノ



 
記事を書く時は...


よっぽど変な事じゃなければ
全てうP出来ると思うんですけど


コメントに関しては...


「童貞」とか「巨乳」とか「淫乱」とか

全部スパム扱いでうP出来ない!



コメントでエッチな単語を使うと

書き直しだよ(プ



まぁ!

純真無垢をテーマにしたこのブログには
丁度良いんだけどね( ̄ー ̄)ニヤリッ



んじゃ(^-^)ノ



 
本日金曜日は仕事がお休みです



只今 ベイシティ港で映画鑑賞♪


って言っても...



映画鑑賞をしているのは娘だけ

阿古は待合室にてアイスコーヒーをすすり
周りをキョロキョロ挙動不審(プ


観てる映画は...


「うさぎドロップ」


阿古は今一興味が湧きませんでしたので

他の映画を観ようと企んでましたが!


感じの悪い事に各映画の始まり時間がバラバラ!

同時刻に...

「トランスフォマー」とか「カーズ」とか

上映してくれれば...


今 こうして待合室に居なくて済むのに



さてと...



2時間も何するかな?


向かえにあるAEONに逝って...



下着売り場で潜伏するかな?

(´゚ω゚):;*.';:ブッ




んじゃ(^-^)ノ



 
~月の光を浴び次のお店へと向かう...
~少年隊であった



3軒目として候補に上がっていたのは

マイ嬢店♪ルン


全てをF氏にお任せします

先ずはマイ嬢に電話をしますが電話にでんわ(プ


8秒後...
F「電話の折り返しがないから違うお店にし魔性♪ルン」


えっ8秒しか待たたないの(爆

F「流れに任せながらも決断は迅速に♪」

阿「マイ嬢店は逝かなくて良いの?」

F「そんな事!かまうもんかい(プ」


全てをF氏にお任せしましたので...
F氏の流れにどっぷり浸かって身を任せます
( ̄ー ̄)ニヤリッ


F「愛人希望店に電話してみます」

愛人希望店の某嬢はお客さんが居るにも関わらず
2コールで受け取ったって事で

F「世はタイミングですね」


逝き先は愛人希望店と決まり
歩き始めたその時 マイ嬢からのコールです

F「今宵は教祖様がおみえになるので...」

阿「電話に出ないの?」

F「今宵はタイミングを重んじたいと( ̄ー ̄)ニヤリッ」



愛人希望店へと向かうのですが
今宵...愛人希望店は浴衣パーティー
ショートする可能性が有るかもしれない!

だが...
蕀の道ほど抜け出た時の喜びは
平凡な道を歩いてるよか格別である


急嬢店から愛人希望店へと向かうロスタイムは...


86秒♪

完璧なまでの決断力かつ行動力!


ビル着エロβ上昇


愛人希望店の扉オーペン(ザワザワ

先頭を切って店内の様子を探るF氏
店内の混み具合に一抹の不安は感じるが
今宵の流れってことで入店♪


一番奥の一番デカイ席に通され
右からF氏 阿古 教祖様と...
「デカメロン伝説」のテーマで着席します


着席してから周りを改めて見渡すと
流石は浴衣パーティーなかなかの混み具合
後からお客でも入って来たら
ショートする可能性が大となる

もし教祖様が放置されてしまったら
名古屋支部である阿古達のメンツに関わる
それだけは絶対に避けなくてはならない!
最悪...達磨の様なババエでも良いから
教祖様だけは放置されない事をと
祈りを捧げるF氏と阿古の不安を他所に

生ビールが現れ乾杯♪ルン
ババエが現れニンマリ( ̄ー ̄)


先ずは教祖様の元に
黒くて細長い浴衣を着たババエが着席

そして阿古の元に少々体格と正比例した巨乳が着席

F氏の元には...
記憶に残りそうもないヘルプ嬢が着席


なかなか混み合っていますが
お時間スタートの鐘の音が心の中で響きます



さて...



筒"く(プ



(^-^)ノ



 
~ドリ嬢は去って逝き
~阿古の元には違うPナがヘルプで現れたのである♪ルン
~そのヘルプをみたF氏は...
~( ̄-+ ̄)ニヤリッ



教祖様には急嬢がそのままです
F氏にもラビ嬢がそのままです

阿古だけヘルプ嬢がやって来たぁ


ヘルプ嬢...
色白でスマートな綺麗ちゃん♪ルン
偏見の目を持って見るとおばちゃん
(´゚ω゚):;*.';:ブッ


ノッケから飛ばしてくれるヘルプ嬢!

ヘ「〇〇嬢は元気?」

阿「えっ(・・;)...誰?」

へ「△△店の〇〇嬢! アコも一緒だったじゃん」

阿「あぁ~知らない(^-^)」


今は懐かしエナ嬢と同じお店で働いてたPナです

この事をF氏に伝えようと顔を向けると
F氏の顔が挙動不審になってます
※今にも捕まりそう(爆


F「その嬢は△△店での拙者の指名子です」

阿「(´゚ω゚):;*.';:ブッ」

なかなか引きの強いF氏に乾杯♪ルン


このヘルプ嬢...
流石におばちゃんです!

F氏の有ること有る事の話や
阿古の無いこと無い事の話を
べらべらベラベラ靴べら喋ります

阿「変な噂が立つから嘘はダメよ♪」

へ「ホントの事じゃん!」

F「(´゚ω゚):;*.';:ブッ」


このヘルプ嬢...
阿古の事は阿古に話すのですが
F氏の事はラビ嬢に話します!

ラビ嬢の顔付きがドンドン変わって逝くのが楽しかった♪ルン
※F氏は友達マイ嬢を指名なのに(プ


窮地に追い込まれそうになったF氏に

阿「老い込まれたPナはクワイに(プ」
(^皿^)ニヒッ

F「まぁとりあえず歌いますか?」

阿「そうですね(^-^)」


テーブルの上からマイクを...
お時間迄マイクを離さないF氏と阿古♪ルン


振り付け込みで2曲歌い終えた教祖様は...
急嬢との接近戦へと方向転換!
白いスーツのポケットに飾ってある
一輪の赤い薔薇を急嬢へプレゼント♪

一緒の席に座ってましたが
阿古達とはまるっきり空気が違ってました
( ̄ー ̄)ニヤリッ



カラオケって便利だよね
ババエと話したくない時は(プ

ババエもお客と話す事がない時は
お客に歌ばっかり歌わすんだよねぇ
(´゚ω゚):;*.';:ブッ

歌わしとけば変な事は出来ないから
(゚∀゚)アヒャヒャ



そんな感じでお時間迄過ごし

お店を追い出されるお時間です


爽やかにお金を払い逃げる様に出て逝くF氏と阿古(プ


寂しそうな急嬢を背に...
振り返る事もなくエロβに乗り込む教祖様

何故なら...
港...港でババエを泣かす...

Ay!ババエを待たす教祖様であるから
( ̄ー ̄)ニヤリッ



月の光を浴び次のお店へと向かう...



少年法で...

Ay!少年隊であった



筒"く



(^-^)ノ




余談ですが...

少年法でかなり助かった方を一人知ってます
誰とは言えません


年は阿古より2つ上です


(爆



 
~三人は...
~少年隊は...
~某嬢のお店へと向かうのであった



怪しげなビルへとたどり着く三人

F氏と阿古は2回目ですが...


まだ慣れてない(プ


そうです!

2軒目のお店は...
先日、F氏と共に潜伏調査したあのお店
※下見ともいう(プ


手漕ぎのエロβで上昇&仰天


急嬢店の扉オーペン♪ルン
教祖様を先頭に阿古、F氏と入店

突き当たりの右側のL痔の席に通され
左から教祖様 阿古 F氏と...
仮面舞踏会ワカチコワカチコと着席♪ルン


いの一番に現れたが急嬢♪ルン
教祖様の隣にお尻を沈め込み
久々は会う二人は照れながら見つめ合う♪


いの二番に現れたがラビ嬢♪ルン
阿古の前を素通りしてF氏の隣にお尻を沈め込み
ベタベタベタベタベタベタバサバサしてます♪


いの三番に現れたがこの前着いたアテ
※ドリンクに釣られて来たアテ
※ドリ嬢とします(仮

そうなんです又してもドリ嬢(仮 が阿古に...

阿古のロマンスの神様は何処に逝ったかな(・・;)?



お時間のスタートです♪ルン

この日の阿古の予定は
居酒屋で食を満喫してPPは3軒
1軒目2軒目はおもいっきり騒ぎます♪ルン
3軒目は疲れ切りおとなしくしていようと

〆はネパールカレーでと♪
さてさて予定通りに事は運ぶのでしょうか



教祖様...
急嬢と真面目な話をしながら
左手は急嬢の太ももの間に
右手はマイクを持ちOPM熱唱♪
教祖様のペースで事は運んでます


F氏...
ラビ嬢に対して積極的に挑んでいます
( ̄ー ̄)ニヤリッ
楽しくて楽しくてしょうがないって顔のF氏♪
扇子で顔を隠して何かしていた事は内緒にしときます♪
ラビ嬢はマイ嬢とは友達だからと言いながらも...
( ̄ー ̄)ニヤリッ


阿古...
歌うしかないのか!
ドリ嬢を弄り倒して阿古仰天
なんて事がしたいのだが!
苺ちゃんから警告と指導を受けてますので

ここでは飲んで騒いで歌って踊るしかないのか!


教祖様もF氏もPPの醍醐味を満喫してるのに....


警告と指導の為...
本領を発揮出来ないもどかしい純真無垢な阿古


もう一度...

純真無垢な阿古♪ルン


警告と指導内容は...
ドリ嬢の仕事スタイルが...
※仕事スタイルが何?

アマイアマイのスタイルなので
※知ってますよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

ドリ嬢に触るなチッスをするな!
※阿古はしないよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

指名なんかしたら殴るぞ!
※勝手に指名になってました(プ

後で急嬢に聞くからな!
※そんな事したら殴られちゃう(プ


苺ちゃんはドリ嬢と仲は良いんだけど
ドリ嬢の仕事スタイルが嫌だと...


そんなヤキモチするなんて...



落ちたな...( ̄ー ̄)ニヤリッ




阿古が...

(´゚ω゚):;*.';:ブッ



でも...10分後

ドリ嬢にお客さんが現れ...

阿古に明るい兆しが訪れた...


か!


否か!



ドリ嬢は去って逝き

阿古の元には違うPナがヘルプで現れたのである♪ルン



そのヘルプをみたF氏は...

( ̄-+ ̄)ニヤリッ



筒"く



(^-^)ノ



 
音はないけど


雷ピカピカ


ポニーでの帰り道


酔っぱらってるのに


逆風だもん!



無茶苦茶疲れた...




F氏...



お疲れ様(^-^)ノ



きよさん...



池田界隈いつ来るの?

PONさんは元気?



(^-^)ノ



 
徒歩で居酒屋へと向かいます♪ルン


F氏は初めて入る居酒屋ですので
新鮮な気持ちで生魚を頬張る事が出来るとまんべんの笑み


1軒目...
居酒屋も1軒目として良いのかしら(プ
一番奥の座敷へと向かいますが
座敷わらしがおみえになるって事で

普通の席へと通され...
先ずは生ビールを3つ
串の盛り合わせにトマトにモロキュウ♪
唐揚げ中トロだし巻き蟹ミソ兜焼き♪

とりあえずそんなとこで(プ



生ビールが届き再会に乾杯です

会えない時間が愛育てるのさ♪
目を瞑れば君がい~る~♪


単品料理が続々と運び込まれ
お腹ペコペコの三人は無言で食べる事もなく
ペチャクチャペチャクチャぺぺブロッチャと(プ


日本男児として恥ずかしくない内容の会話を
大声で...
拡声器を通したかってくらいの大声のF氏♪ルン

阿古も負けじと蚊の鳴くような声で(プ


教祖様は食しながら瞑想です♪ルン



Pナの性...1割
世界情勢...2割
宗教とは...3割
嫌いな国...4割

割合はこんな感じで会話が広がります



お腹も踊るポンポコリンとなった頃に
教祖様の携帯電話がイカズチと共に
輝きを放ち爆音を響かせます♪ルン


某嬢からの着信です

某「何処に居る?」

教「きっと居酒屋」

某「何してる?」

教「ポールダンスしてる」

某「誰と一緒?」

教「ニッキと植草...そして私が東山だ♪ルン」

某「なんだそれ?」

教「少年隊だ!」

某「何時来る?」

教「少年隊だ!」

某「はい!わかった...何時来る?」

教「直ぐ逝きます...匍匐前進で逝きます(プ」

確かこんな感じの会話だったと思います
( ̄ー ̄)ニヤリッ



さっさとお会計を済ませ...


三人は...

少年隊は...

某嬢のお店へと向かうのであった



筒"く



(^-^)ノ



 
この日の宵は...


空がひび割れ隙間を掻き分け光が射し込む!


その光と共に降臨


金目教教祖様が久々の地球に...


それも池田界隈に(爆


赤い絨毯を敷きにF氏と阿古は
失礼のない事を祈り今宵界隈へと向かうのであった



筒"く



(^-^)ノ




では...



筒"きです(プ



前日迄はF氏の時間帯が合わない
阿古が先人を切手お迎えに上がらなくてはならない

重大な責任に
一抹の不安を抱えながら準備に余念のない阿古

1、明日 乗って逝くポニーの手入れ

2、身を清めた身体を包みこむ白装束のアイロン掛け

3、門限延長の申請



筒"く



(^-^)ノ




では...



筒"きです(プ



当日の夕方...

F氏はもう名古屋に居ました
(´゚ω゚):;*.';:ブッ

なんてこったい!
前日迄は時間が間に合わないと言ってたのに

当日になって....


仕事中の阿古に...


F「教祖様を待たせるとは何事じゃあぁぁ~」

なんという変わり身の速さ(爆



F氏と待ち合わせ...


界隈へとGOGO郷でぇ~す
君だけお猿の子GOGO♪ルン



Pキングエリアで口笛を吹きながら
60年代サックスのキャデラックレプリカを止め
※ベースは96年式コルベット



速効で....


いや....


音速で教祖様にテレフォンします

教祖様を噴水の中でお待たせしてしまった事を反省して
※内心は含み笑い(爆

時速2kmの二足歩行で公園へと慌てて向かいます♪ルン



無事に公園に着き

教祖様と久々のご対面です♪ルン


しっかりと挨拶を交わし...



1軒目の居酒屋へと向かうのであった




今度こそ...




筒"く



(^-^)ノ



 
夏場は皆さん汗臭くなりますよね


Pナちゃん達は涼しい店内で仕事をしてますし
汗臭くさに対する対策も行き届いてますから大丈夫なんですが


大変なのはお客さん!

糞暑い外をさ迷う間に汗は止めどもなく溢れ
残念ながら汗臭くなるのが当たり前!

当たり前の事なんですが...
当たり前の事なのに周りの人達には嫌がられてしまう!



昨日の遅い時間のお店に
凄い脇臭いフリーのお客さん来たよ

女の子が少なかったからアコが座った
座る前から...近づいただけで凄いよ

アコ 70分堪えれないと思ったから
ママに女の子を回してってお願いしたよ
※Pナも回してって言うんだ
(´゚ω゚):;*.';:ブッ


ママったら 女の子が足りないから...
アコにお願いした(・・;)

だからアコも...
我慢するから指名にしておいて
ってママにお願いした( ̄ー ̄)ニヤリッ


どんなに良い男でも脇が臭い...
脇が臭いって日本語なんだっけ?


「ワキガ」です♪ルン


そうそうワキガだよ...
どんなに良い男でもワキガだったら...



絶対に嫌...気持ち悪い(´Д`)

絶対に嫌...頭痛くなる(´Д`)


「そのお客さんは良い男だったの?」


普通じゃないかな!


そのお客さんが帰っても...
お店のなかは30分くらいワキガの臭いしてたよ...


そうそう...
肩を組む...肩を抱いてきた時は

ホントに死ぬかと思った!
まだ死にたくないって女の子達に言ったら
皆は凄い笑ってたけどアコは本気で言っただよ!



皆さん

しっかり洗い魔性ね


阿古は


しっかり洗ってます



(プ



(^-^)ノ
↑大丈夫か?



 
最近...


携帯電話代が高い...


何故だか...



わかってます...



何故だか...



発表はしません...



(プ



 
~悲しそうなマイ嬢を背に...
~メロンちゃん店へと向かう三人であった♪ルン



なんの罪悪感もなく先頭で舵を取るF氏(爆

その後を小さなバイキングビッケのような二人が付いて逝く♪ルン



苺ちゃん店に到着

そして扉オーペン(サワサワ


一番奥の突き当たりの席へと案内され
右からF氏 真ん中に友人 左に阿古と
「まいったね今夜」を口ずさみながら着席
※自称...少年隊


メロンちゃん苺ちゃんにはお客さんが居ましたので
左のF氏から順番にヘルプ嬢が...

F氏に毒嬢♪ルン
友人にF氏のNo.2嬢
阿古に苺ちゃんのルームメイト嬢


お時間スタートです

暫くすると...
順番にメロンちゃんのお客さん
苺ちゃんのお客さんが帰って逝き

阿古達の席に現れます♪ルン


メロンちゃん苺ちゃんは友人と挨拶を♪


十数年鰤にPPに来た友人は
なんだか最初は戸惑いを隠せなかったが
友人に着いた No.2嬢のお陰で
時間とともに楽しみがうPうPして逝きました♪ルン


このNo.2嬢とはF氏のNo.2ではなく
メロンちゃんとNo.2嬢と
どちらを指名するが迷ったPナです

No.2嬢は下手な仕事はせず
雰囲気と会話で上手く仕事をする
希少価値の高いPナちゃんですので
※ちょっとだけおばちゃん(プ

F氏も阿古も一番良い子が友人に着いたと思いました
( ̄ー ̄)ニヤリッ


F氏は...
メロンちゃんとイチャイチャしながら友人とも話し
友人と話ながらメロンちゃんとイチャイチャ
結局はイチャイチャしてました(爆


阿古は...
のっけから!
なんで友人にルームメイト嬢を紹介しない!
って苺ちゃんから小言の受付をして
反撃したら大反撃を受け虫の息となる

だから阿古は...
友人の事はほったらかしで時を過ごしてましたが

F氏も何やらメロンちゃんとコソコソコソコソ
結果的にF氏も友人をほったらかしです
(´゚ω゚):;*.';:ブッ


「F氏も阿古も一番良い子が友人に着いたと思いました」

この思いが友人をほったらかす原因だと...
だから悪いのはNo.2嬢かもしれない
(´゚ω゚):;*.';:ブッ



F氏のボトルが登場すると
飲み助なPナちゃん達が続々と集まってきます

こんなに集まって来たら...
3日はもつボトルが1日で無くなってしまう!


案の定 宍戸錠 旗坊だじょう(プ


1日も掛からず20分で空になるボトル
(´・ω・`)ショボーーン

飲む時だけ仕事を頑張るPナちゃん達に
尻毛をむしり取られる前に退散しなくては!


いやまてよ!
阿古達はお客様なんだから...
飲ませたお礼に尻毛をむしり取らしてもらおう(プ

阿「ねぇ~驚嬢♪ お尻に毛ははえてる?(プ」

驚「毎日抜いてるから綺麗なお尻よ(爆」

阿「もお~嘘ばっかり(プ」

驚「しょうがないね今日だけだよ♪ルン」


驚嬢は立ち上がりカウンターへと向かう

何が今日だけなのかなって思っていたら!


驚嬢は一歩歩く毎にミニスカートを
少しずつ上へとずらしているではないか!

12歩目には下半身は白のTバックだけとなり
そのままカウンターの奥へと消えて逝った


阿古達の席は大爆笑となり...
友人はこの時が一番楽しそうであった(プ



大騒ぎ大爆笑の宴もお時間となりました



十数年鰤に会う友人と
それはそれは有意義で素敵な時間を過ごす事が出来ました


此を機に2、3ヶ月に一度はお互い時間を作り
いろんな意味を含めたストレスを解消し魔性と


固い握手を三人でして

明日に向かって歩き出す三人であった




【浣】



(^-^)ノ



 
9日もあった盆休みが...


いつの間にか終わり


今日から仕事です!



たっぷり仕事は溜まってます

まぁ~暇よりか100倍は良いですから

気合い十分に盆休み明けを...



って思ってますが!



今日はきっと...



休み呆け...



重症な休み呆けと



戦わなければならないだろうなぁ♪




ってな訳で...


仕事の出来る喜びを噛みしめたいと


思ってます( ̄ー ̄)ニヤリッ



(^-^)ノ



 
~界隈へと向かう三人であった
~(´゚ω゚):;*.';:ブッ



瞬きする間に界隈に着♪


向かった先はマイ嬢店♪ルン

F氏プロデュースで今宵は楽しむかと思いきや!
なんだかF氏はマイ嬢店に逝きたくなさそう(プ

苺ちゃん店も候補に上がりましたが
この日の前日に阿古は苺ちゃん店に
独りこっそりぼっちで逝ってますので
連日逝って甘やかす訳にはいかない(プ

阿古はその趣旨を盾にマイ嬢店をプッシュ♪ルン


マイ嬢店に着...
F氏の逝きたくない気持ちは加速
マイ嬢店に近づくにつれ気持ちは高加速(プ
逝きたくない気持ちがレッドゾーンに
達しながらも阿古がマイ嬢店の扉を...

勝手にオーペン♪ルン


F氏の思いが届いたのか如くマイ嬢店は大繁盛!
F「( ̄ー ̄)ニヤリッ」


お店のスタッフに聞くとなんとか席はあります
ババエもなんとかショートしません!
なんだかんだ入店可能な状況ですがF氏が前に進まない

入口付近で...
F「吸った揉んだはゆっくりできない!」
※もう逝きたくないゾーンは全快です


すると奥からマイ嬢が現れ...

F氏は素直に入店かと思いきや!


F「大繁盛してる時に無理して入店するものではない」

F「なんとかではいつショートするかわからん!」

F「流れの悪さに逆らって入店しても...」

F「久々の友達と来たのだから...」

F「ショートの可能性が少しでも感じる場合は!」


F氏は心ここにあらず...
では何処にあるのでしょうか?



結局 南極 選曲は赤いランプの終列車(プ


F氏の心は既にメロンちゃん店へと向かっていた(爆
※体だけ此処に(爆


悲しそうなマイ嬢を背に...
メロンちゃん店へと向かう三人であった♪ルン



さてと...


買い物に逝ってこヨットクラブ(プ



筒"く



誰と?( ̄ー ̄)ニヤリッ




もちろん独りで(プ



 
先日...


F氏と共通の友人と

十数年鰤に待ち合わせをして


食事会をしました

場所はF氏が接待でよく使う高級中華料理店


阿古の家から10分程の所にあります



F氏のオススメ料理を美味しく頂きながら

懐かしの友人との
会えなかった時間を埋めます♪


なかなかの怪しい男だったのですが
なかなかの素敵な男になってました
( ̄ー ̄)ニヤリッ



せっかく十数年鰤に会ったので
誰からともなく何処か飲みに逝くかの話となり
( ̄ー ̄)ニヤリッ



何故だか...


何故だか...



界隈へと向かう三人であった
(´゚ω゚):;*.';:ブッ




筒"く




( ̄ー ̄)ニヤリッ



 
さてと...


今宵も...


出動か...


隣には...


F氏が...


居ます...



二人揃えば決定的かな♪ルン



っていうか!


もう界隈に居るし(プ



んじゃ(^-^)ノ



 
~ク「また殴られたいか?」
( ̄ー ̄)ニヤリッ
~えっ(・・;)?



その時...

タイプちゃんに...
「ありがとう」って声を掛け戻って来た苺ちゃん♪

クーちゃんと挟み込む様に右側に座る苺ちゃん♪
※クーちゃんは左側です(プ


座ったトタン板!

苺「鏡で全部見てるからな...何してた?」

ク「ほぉ~ら殴られる♪ルン」
( ̄ー ̄)ニヤリッ

阿「クーちゃん...たしきて!」

ク「しらん( ̄ー ̄)ニヤリッ」

阿「そんな殺生なぁ~( ̄▽ ̄;)」

ク「さぁ!殴られておくれ(爆」

阿「暴力は反対です...だよね苺ちゃん?」

苺「じゃあ足が疲れたからマッサージして!」
( ̄ー ̄)ニヤリッ

阿「かしこかしこ畏まりました(_H_)」



阿古が素直に言う事をきく時は...
何かを企んでるんだよ( ̄ー ̄)フフフッ
※ただで負ける訳には逝かない


苺ちゃんは浴衣姿です
足のマッサージをするには
阿古の太ももの上に片足を乗せなくてはならない
苺ちゃんは浴衣をハダケさせながら
阿古の太ももの上に片足を乗せます♪ルン

ピンクのパンツが見えない様に局部を手で抑えてます(プ
※企み通りに事は進む♪


苺ちゃんのアキレス腱からふくらはぎ...
膝の裏側へとマッサージは進みます♪ルン
途中...足の裏を擽るサービスも(プ
※企み通りに事は進む♪2


苺ちゃんの太ももへと進みます♪
徐々に奥へとゆっくりゆっくり♪
優しさ溢れるマッサージは続く♪
※企み通りに事は進む♪3


局部3cm手前まで進んだところで
もう一度よく企みをお復習します

阿古が何をしようとしているか
きっと苺ちゃんも分かっている筈
あと3cm進んだ瞬間に何が起こるか!


確かめる...

確かめるべきである



進んでみました...



突き当たりで小指を3回動かしてみました♪


進んでみてから2秒後!



阿古の企み通りの最終結果が...



フランス人より...


やや低めな鼻をおさえて踞る阿古
左側で大笑いするクーちゃん
近場に潜むPナさん達の失笑
仁王立ちで勝ち誇る苺ちゃん


全てが阿古の...



企み通りに事は進んだのである



予想通りに事が運ぶと気持ちが良いものだ


鼻はとても痛いが(プ




大っ嫌いなパーティーも
自分のペースさえ落ち着いて掴めれば
何とか肝とか過ごせる事は分かってます

だがそれはなかなか難しい事である
※あくまでも阿古にとっては


この日は上手くペースが掴めたので

穏便な時を過ごす事が出来ました
( ̄ー ̄)ニヤリッ



【浣】



鯵乙(^-^)ノ



 
ジンベイサメ柄の甚平を着て浴衣パーティー(プ



大っ嫌いなパーティーへと
ルンルンスキップで向かう阿古♪ルン

しっかりとパーティー要員と任命されてしまった阿古♪ルン
進んでパーティー要員へと立候補した阿古♪ルン



逝って来ました浴衣パーティー♪ルン


少々遅めのスタートでしたが
浴衣パーティー2hは余裕で過せるお時間



苺ちゃん店の扉オーペン(ザワザワ

流石はパーティー!
Pナさん達は頑張ってチケットを売った結果が表れてます
混み混みの通路を人を掻き分け横断


一番奥の席へと案内され隅っこに着席
※謙虚に着席



苺ちゃんとクーちゃんと驚嬢が席に来て

驚「三人のなかから好き女を選びなさい(笑」


3人の顔を見ながら迷っていると

苺「なんで迷ってる?」
※往復ビンタ!


阿古が踞ってる間に苺ちゃん着席

最近...より一層怒られる阿古って
なんだか可愛らしく思える今日子の五郎(プ

苺ちゃんはきっとティガンなのかもしれない
( ̄ー ̄)ニヤリッ


驚愕嬢は立ち去ったがクーちゃんは居残る
3人での座談会の始まりですが
何を話たかはトップシークレット♪ルン


そろそろ1hが...
って頃に苺ちゃんのお客さん登場

苺ちゃんは立ち去って逝った
( ̄ー ̄)ニヤリッ


クーちゃんは残ってましたが
ヘルプ嬢が一人やって来た♪ルン

阿古のタイプの嬢です
F氏にプッシュしたのですが
F氏はメロンちゃんを指名と決めたので...
阿古にチャンス到来???
( ̄ー ̄)ニヤリッ


目の前に座るタイプちゃん横で陣取るクーちゃん
なんとか逆にならないかと作戦をたてる阿古...
無邪気な阿古(プ


作戦がたたぬまま時だけが過ぎていく


おぉ~神よぉ~~


その時ですクーちゃんが阿古のビールのお代わりを取りに席を立つ
( ̄ー ̄)ニヤリッ


おぉ~神よぉ~~


阿「タイプちゃんよ ちこおよれ」

タ「ダメだよ...」

阿「そのことない...ちこおよれ(^¬^)」

タ「怒られるもん!」

阿「誰に(・・;)?」

タ「クーちゃんに(プ」

阿「なんでクーちゃん?」

かんきいないかんきいない...
タイプちゃんの手を取り強引に横へ座らせます♪ルン

タイプちゃんが阿古の横に座ったトタン板!

クーちゃんが戻って来ました!

ク「席を代わるな!」

阿「なんで(・・;)?」

ク「なんでじゃないわ!」


クーちゃんとタイプちゃんは元の席に戻ってしまった


おぉ~神よぉ~~( ̄▽ ̄;)


阿「なんだクーちゃん阿古の事が好きなんだぁ~」
( ̄-+ ̄)ニヤリッ

ク「おまえはバカだろう!」

阿「..........そうよ」

ク「また殴られたいか?」
( ̄ー ̄)ニヤリッ


えっ(・・;)?




筒"くにしちゃおっと(プ



(^-^)ノ



 
昨日の午前中

娘と大型ショッピングセンターで買い物をしていた時の
世にも恐ろしい話しです...



買い物も佳境に入り掛けた頃

阿古と娘がプリンやらゼリーを見ていたら


Pナの香りがしてまいりました

流石は阿古のアンテナです!
( ̄ー ̄)ニヤリッ


香り漂う方へ目を向けると...
Pナなのか日本人なのかはっきりわからないので

香り漂う女性を目で追っていたら


プリンとゼリーを挟んだ前方の男性が

「これがヨーグルトなのか!」
※大きな声で


って見れば分かるだろうと
阿古と娘はその声の主に目を向ける!



しまった( ̄▽ ̄;)


その声の主は...



体の大きな....



フランキー♪氏でないか!



なんでこんな所でこんな時間に

っていうことは...
先ほどの香り漂う女性は...


フランキー♪氏の彼女ではないか!

笑いながらこちらへ戻ってくる彼女

阿古と娘は先にフランキー♪カップルに見つかっていた

これには流石の阿古も悔しかった(爆


役者な二人にヒプイン親子は
すっかり騙されてしまった
(´゚ω゚):;*.';:ブッ



界隈だけでなく

大型ショッピングセンターまでもが


ですてにぃ~の聖地となってしまったのか♪ルン



少々の会話をして

お互いショッピングへと戻ります



ですてにぃ~とは...

勝手と自然があるが

こんな所までですてにぃ~があるとは


何かあるな( ̄ー ̄)ニヤリッ




フランキー♪氏

ネタを1つありがとう(爆



んじゃ股 近々(^-^)



 
先日の覚書に誤りがありますた



1、教祖様降臨

2、F氏と共に甚平を着て浴衣パーティー


1、2、の順番が逆ですた(プ




っていうことで...



2、F氏と共に甚平を着て浴衣パーティー

から書き撲って逝きますよん♪プンプン


それともう1つ...

浴衣パーティーには阿古しか逝ってません(爆

F氏は出張でした(・・;)


阿古の記憶違いでしたので...
いつから書くかは謎とされています


ミステリアス ヒプイン
( ̄ー ̄)ニヤリッ



 
Dr.ヒプイン



出動!



阿「ヒプイン逝きますっ!」



阿「親にも殴られた事ないのに!」


(´゚ω゚):;*.';:ブッ




ガンダムロワイヤルやりすぎかな?




んじゃ(^-^)ノ



 
朝マック♪



独り寂しく朝マック♪


ソーセージマフィンが100円なのよね♪

エッグマックマフィンが220円で


320円也♪ルン




えっ( ̄▽ ̄;)



今はエッグマックマフィンに...



飲み物が付いてくるの!



んじゃアイスコーヒー♪ルン



立派な朝食となりました(^-^)



ちなみに...

Pナはいませんでした(プ



 
圧倒的記憶力と責任感を持つ阿古に病が...



若年性痴呆症?


そんな事はあり得ないと皆さんは思うでしょうが


事実なんです!

(´・ω・`)ショボーーン



よく脳トレで...

前日の晩御飯を思い出してみるとかありますよね
前日の晩御飯が思い出せたら

前々日...
過去の晩御飯を思い出していく脳トレ



阿古は...

3年2ヶ月前の晩御飯が思い出せないのです


だからきっと若年性痴呆症だと思います


だから覚書を書きます(プ



1、教祖様降臨

2、F氏と共に甚平を着て浴衣パーティー

3、圧倒的タマゴ回避要員

4、久々のフ氏見参

5、F氏とパーティー三昧



5行脚もあるではないか
( ̄ー ̄)ニヤリッ

どれだけため込んでしまったのか


暫くお店に逝かなくても...

ネタはあるから...




でも逝くだろうなぁ~



(^-^)ノ



 
この週はお互い単独行動行脚でした



F氏はメロンちゃん店にて2h
※阿古と時間帯が合わなくて...
(´・ω・`)ショボーーン

阿古は苺ちゃん店にて2h
※F氏は関西出張にて


お互い日にちはずれてましたが

同じお店で...

お互い有意義な時間を過しました♪ルン



詳細は...

F氏のメロメロ行脚の詳細は
残念ながら笠間してないので

書く事が出来ない...

F氏から話は聞いてますが...
時には秘密があってもね( ̄ー ̄)ニヤリッ


阿古は...

苺ちゃんのタマゴ4日目回避要員!

責任を持って任務を全うして来ました(プ

略して...
「圧倒的責任感行脚(プ」

世間的には...
「言いなり行脚(プ」



以上♪ルン



鯵乙(^-^)ノ




この翌週には関西から...


金目教本部から教祖様が界隈降臨!
※乳輪かもしれない(プ



七日前から身を清め....

七日前から絶食をして宿便を出し

心の奥底にある...
人としての迷いを拭い去るが為に

庭にある滝でF氏と一緒に荒修行


身と心の準備を...



七日間の荒修行に時は長く感じましたが


無事当日を迎える事が出来ました




それでは又...



来週(^-^)ノ



 
どうなったでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ

どうなるのでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ


この話なんですけど....


阿古の勝手で書きます(爆

もちろんF氏の了解は取って...



ません(爆




苺ちゃん店を出た二人は別々の道をたどります


F氏は予約してあるラブホテルへ
ミッキーマウスで埋め尽くされた部屋...


Ay!ビジネスホテルでした(爆



阿古はそのままバハイへと帰ります

一言で言うなれば...


「真面目」かな♪ルン




1軒目での帰り際に
致命傷だぜいBABY嬢は
積極的にF氏に攻めてきます

その自信はどこからくるのかってくらい攻めてきます
F氏の泊まるビジネスホテルを聞きだし

お店が終わってから...
そのビジネスホテルに逝くと
2時半から3時頃までには電話をすると

あまりにも積極的すぎるので
酔っ払いF氏は空返事で....

F「わかった♪待ってるよ」

って言い残し
エロβで下界へと降り苺ちゃん店へと向かったのである


道中で...

F「適当に返事したけど100%来ないよね」

阿「それは時が答えを出してくれます♪ルン」
( ̄-+ ̄)ニヤリッ




苺ちゃん店で愉しく過ごし

ビジネスホテルへと向かいました


F氏は部屋へと入りシャワーを浴び

ビールを飲みながらTVを見ます



⌒(ё)⌒カァ~



ふと気づけば...



朝の8:30(プ



何気に携帯を見ると...

数十回の着信アリ



全て...



致命傷だぜいBABY嬢からであった
(´゚ω゚):;*.';:ブッ



致命傷だぜいBABY嬢の予告した時間であった♪ルン



皆さ~ん


F氏って


酷い男ですね




んじゃ(^-^)ノ



 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE